もっさり色んなヲタごとを掛け持ち中。
そんなやっこの日常をてきとーに、てきとーに。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト/2008.06.25 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク () | - | - | -
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/2008.03.10 Monday
スウィーニー

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

ほんとはこれ公開してすぐに見に行ったから1月終わりだったか2月はじめとかに行ったんだ。
それからすっかり感想書くの忘れてたよね(笑
ってことで超いまさらながら。
いまさらすぎるから伏せることなんて全くしませんよ。

とりあえずアンソニーがまじうぜえ。
あれは一応ヒーローのくくりなのかな?
それにしてもうぜえ。あんな男とは付き合えません気持ち悪い。
ってヒーローに対してボロクソ言えてしまうのもこの映画ならではなんじゃないかって思って書いてみましたよっと。
普通の映画ならヒーローなんだろうけど、この映画だとアホで滑稽でうざい男なだけで終わるっていう。ね、ねねね。
いろいろとつらつら感想はあるんだけどあいつだけは無駄にうぜええええええって思ってしまったので書き残しておこうね。

で、本題ね。
うん、まあ一言で片付けると。

 出 血 大 サ ー ビ ス 

これ、これに尽きますよね。
あれこんなこと前にも書いたなあ。
でもでもなんかそれとは違う感じといいますか。
うん、出血大サービスなんだけどその中身はしっかりティムバートンの世界。
確かに「ぎゃあ!いってえええ!!」って目を隠しちゃったりとかするんだけど、スプラッタでホラーな感じなんだけど。
OPのピンクの血だとか、劇中の空想シーンだとか。
あの色使いとかどっかぶっ飛んだ感じは正に!だと思う。
ミュージカル映画なおかげでスプラッタでホラーな感じも程よく緩和されて苦手な人でも見れるんじゃないかなあ?とベタ褒めしてみたり。
話は救いようのない悲劇。
もうだーれも救われない感じ。
でも逆にこんだけ救いようがないのはそれはそれで良いんだよね。
終わった後になんやかんやって感想言い合う感じじゃなくていやー満足した!って満足感に浸れる映画だったなあ。
DVDでたらまた見ちゃいそうだ。
Posted by やっこ (17:21) | MOVIE | comments(0) | -
ライラの冒険 黄金の羅針盤/2008.03.07 Friday



ライラの冒険 黄金の羅針盤


ええ、そりゃもう当たり前ですよ。
このふぁんたじ〜属性人間のやっこが見ないはずがないでしょう!!
(でもマゴリアムおじさんとウォーターホースは見れなかったorz)
ってことでさっくり見てきました。
もうね、去年の予告の段階から楽しみで楽しみで!!
ついうっかり本まで買って読んじゃって!!
そしたらやっぱり面白くって!!!
ふぁんたじ〜原作があるものは期待しちゃいけないんだよ!
の法則をすっかり忘れてました☆
ってことで・・・・・

いろいろとはしょったあああああああ!!!
イオレクこれじゃ理解ありすぎじゃね???
なんか若干話変わってね?????
え?そこで切り離しされるのってジプシャンの子だっけ??
っていうかあれ?あれ????
次の世界にはライラとパンの二匹で乗り込むんじゃなかったっけ?
っていうかイオレクついてきてるけど!?!?!?!

ってほーらね、やっちゃったやっちゃった。
期待しちゃった自分おつかれさまでした。
いやほらね、うん。
黄金の羅針盤だけでも文庫本前後編2冊分あるもんね。
あの短時間でまとめろってそりゃきっついよね。
どうしてもふぁんたじ〜原作を先に読んでしまうとそのイメージとか話の内容をそっくりそのまま実写にしてほしいと思ってしまう自分がにくい。
そしてその多大なる期待を裏切られることが多すぎなんだよね。
ネバーエンディングストーリーばりの神作品はもう出てこないんだろうか。

あ、でもライラはすごくすごくイメージぴったりだったと思う!
っていうかキャストはかなり文句なくばっちり役にはまってる人ばっかりだった!!
ダイモンもかわいかったなあ。
あのへんのCGとかほんとすごいね。
てくのろじーってすごいね。
ううう・・・だからこそ残念だなあ・・・原作・・・


続きを読む >>
Posted by やっこ (20:16) | MOVIE | comments(0) | -
Hook/2007.11.19 Monday
Hook

やっこ字幕デビューの映画。
デカレンジャーのDVD借りにいった時にファンタジー映画のコーナーを見てたらそこにいました。
懐かしい〜91年だって!16年も前の映画ですよ!!!!
まだやっこ小学生低学年とかですようわ年齢バレ(ry
そんな懐かしい映画なんですが、今見ても凄く良かった。
大人になったピーターパンの話。
タイトルのフックはフック船長のフックだよ!!
ってか物凄い豪華キャストだったんだなあ。
当時の思い出はロビンウイリアムズ止まりだったんだけど、ダスティン・ホフマンにジュリアロバーツに、おばあちゃんになったウエンディはマクゴナガル先生・・・!!!
16年も前なのを感じさせないファンタジーの作りに感動。
元のストーリーがピーターパンっていうのもあってすんなり話に溶け込める。
っていうかこれは大人になっちゃった今見る映画なのかもしれないなあ。
人生は冒険だ。オウイエス!!!

たまには最近の映画じゃなくて、昔の映画を見るのもいいもんだね。
忘れてたよこの気持ち・・・!!!
ってことで今度時間がある時に私のファンタジー映画の原点を借りてこようと思います。
ファンタジー映画といえばアレですよ、アレ。
白いアイツが出てくるアレはやっこのファンタジー映画の原点です(笑)
スターダスト/2007.11.06 Tuesday
あまりにもブログに書くネタがなさすぎます。
困った。
ってことでまあ最近見た映画でも。

スターダスト
スターダスト

ファンタジー映画好きの自分としては是非見たいと思ってたもの。
思ったよりも子供向けではなかったなあ。
っていうか子供見たら泣くかもしれない痛いシーンが何箇所か・・・!!
殺生のシーンはこれでもかって位解りやすくカットっていうかぼかしたりしてたけどでも痛いんだよう!
残酷なところも多いけどその分ユーモラスな部分もあり。
キャプテンシェイクスピアのロバート・デ・ニーロがかなりおいしかった。
でもなんであんなに理解を示すのかが謎なんだけども。
いや一応それらしい説明はあるんだけどそれでそんなにも!?とか思ってしまった。
あとはトリスタンにまじで驚かされた。
最初はうーん・・・な感じだったのにみるみるうちに好みにいいいいい!!
ひえええええええ!!!!
これこそイッツファンタジーですね。

続きを読む >>
ハリーポッターと不死鳥の騎士団/2007.07.16 Monday
harry
ハリーポッターと不死鳥の騎士団

見れるものは見れるうちにさっさと見ておけ!!
って鉄則を頂いたので早速見てきました。
まあ、感想。

・・・・・・・で、ハリーの本当の秘密って?

いやわかるんだけど、なんていうか。
映画のうたい文句の割には秘密公開!みたいなシーンでどかーんてばこーんってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!ってなる感じが無かったなあと思ってしまったり。
っていうかシリウス!!!!!!!あああああああああん!!!!!
シリウスRABUなのであれはちょっとあああああああん。
しっかしハリーはでっかくなったなあ。
ますます宮田じゃね?ねえ、まっちょ?(内輪ネタですね)
今回新登場のおんなのこが私好みの子です。
かわいいおんなのこだいすき*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
ダンブルドア校長はやっぱり校長なだけあってすんげいなあ。
っていうか話が進むにつれてハリーたちが大人になったっていうのもあるんだろうけども、内容がお子様にはわかりにくくなってきているんじゃないかと心配した今日この頃。
でも面白かったよ、うん。
 
新着記事
アーカイブ
カテゴリー
カテゴリー
コメント
トラックバック
プロフィール
リンク
フリースペース
広告